着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 

青山 ゑり華

お着物の手入れ

きもので楽しいお出掛けした後家に帰ってきものを脱いだら、

①きものハンガーに掛けて陰干し。

②汗を飛ばしてください。

そして汚れがつきやすいところをチェックしてくださいね。

自分で出来ることもありますが、自信がなかったらご相談ください。

衿洗い

最も汚れがつきやすいところです。
いくら気をつけても、汗やファンデーションが付いてしまいます。

放っておくと黄変に。そうなる前に早めのお手入れいたしましょう。

揮発の溶剤で手洗いします。

全体的な汚れがない場合は、こちらの加工がおすすめです。

 

シミ抜き

全体を洗うのではなく、汚れた部分だけを綺麗にするのがシミ抜きです。

日本の着物のお手入れ技術は世界的に高いレベルにあります。

繊維のことをよく理解した京都の職人たちが染みや汚れの根本を見抜く「目」とその対処を知っている「技」を用いて生地を傷めないかどうかをテストしながら、細心の注意を払いながらおこないます。

シミの種類に合わせ、何種類もの溶剤や薬剤を使って部分的な汚れを落としていきます。

※古いシミや、黄色く変色しているシミは完全に落ちない場合もあります。

お着物をお持ちいただければ、より早く対応できますので
判断しづらい事など、お気軽にご相談ください。 もちろん相談は無料です。

汗とり

きものを着ていると、結構汗をかいているものです。
その時は見えなくても後々黄ばみとなって出てくるから厄介です。

汗は、揮発では落ちないので特殊な水を用いて、吸い取る作業を繰り返し行っていきます。

丸洗い

丸洗いとはドライクリーニングのことです。

通常は揮発性の溶剤を使い、機械に入れてガラガラ回して洗いますが、ゑり華は皆様の大切なお着物を必ず手で洗います。

 

point_01機械は使わず、職人さんの手洗いです!

DSCF0265

下洗いどころではありません、基本的に手洗いです。

職人さんが目と手を使って洗いますから、汚れがあると必ずそこを触ります。

重点的に洗う事によって新しいシミならこの手洗いでほぼ落ちてしまうくらいです。

 

 

point_02揮発溶剤がとても綺麗

DSCF0264

もう一つのポイントは、揮発溶剤がとても綺麗なこと。
通常溶剤は機械の中で、着物の汚れをどんどん取っていきます。

取った汚れはどこに行くかと言いますと、・・・どこにも行きません。
着物を洗うごとにどんどん溶剤は汚れていきます。

そんなドロドロに汚れた溶剤の中に着物を入れたらどうなるか・・・、その汚れは着物に戻ってしまうのです。

きものは洗っている溶剤よりも絶対に綺麗にはなりません。

ゑり華のお願いしている業者さんは、高価な循環濾過装置を導入しています。
それにより溶剤は常に透明でサラサラ。

汚れてしまった溶剤が着物に戻ることはありません、洗い上がりが違います。
新品の仕立て上がって来た時のあの明るさを取り戻してみませんか。

洗い張り

きものを解いて、繋ぎ合わせて元の反物の状態に戻して水洗い致します。

汚れのひどいものや、寸法が合わない場合には洗い張りが必要です。

きものが新品の時のようによみがえります。

古いきものは弱っていて、洗い張りに耐えられない場合がありますので、事前に耐性を鑑定します。
水洗いなので全体の汚れはすっきりときれいになりますが、きついシミや古い汚れはきれいに落ちません。