感謝・感謝の決算市のお知らせです

青山 ゑり華 17回目の大決算市 
夏物も含めた在庫を 特別価格にてご提供

日時 7月6日木曜日~9日日曜日
場所 青山 ゑり華店内 午前10時半~午後7時まで

 

第17期決算に寄せて <ゑり華が買い取りにこだわる理由>

早いもので、私たちはこの度17回目の決算を迎えます。
ドタバタしながらもなんとか無事決算を迎えられる、なによりそれが一番大変有り難いことです。
それもひとえに我々を応援してくださる貴方様のお陰です、ありがとうございます。

しかしながら着物業界の状況はますます険しくなっております。
特にもの創りをしているメーカー、産地、作家さん達の体力が極端に低下しています。
厳しいのは全体です。それなのになぜ創り手にしわ寄せが行くのでしょうか。

創り手と消費者をつなぐ流通は、

創り手(メーカー) → 産地問屋 → 前売問屋 → 小売屋 → 消費者

と最低でも3つの手を通りますが、小売屋と問屋がリスクを持って商品を仕入れないからです。
多くが前段階から商品を借りて商売をしています。
売れなければ返すので、手元に商品が残らずリスクのない商売が出来ます。

しかしながら流通のいずれもリスクを持たないため、価格は異常に高くなります。
買う商品であれば値切れますが、借りるだけなら価格は相手の言い値になります。

結局ツケは消費者が支払うことになるのです。

ゑり華は祖父の時代から店頭の商品はすべて買い取りで商いをしております。(もちろんセールや個展などの企画催事の時は応援商品も入りますが、必ず店頭価格にあわせてもらうようにしております。)

そこまでリスクを張って、なぜゑり華は買い取りにこだわるのでしょうか。それは、

  • 値切って安く買えば、市場価格よりも安く売ることができ、お客様に喜んでいただける。
  • 人気のある品物は、貸してもらえない。
  • 本当に良い色・柄のものは真っ先に売れてしまうので、買わないと手に入らない。
  • 買い取れば創り手の収入となり、そこで働く人、次のもの作りの糧となり喜ばれる。

他にも色々理由はありますが、つまりお客様にとって、人気があって、良い色・柄のものが魅力あるお値段で手に入るので、良いことずくめなのです。

特にゑり華にいらっしゃるお客様は、皆様目が肥えていらっしゃいます。
良い物を身につけるととても気持ちが良いことをよくご存じです。
そんな方々に良い品を魅力ある価格でご提供するためには、やはりしっかりと買い取ることが大事なのです。

もちろん、買い取ったものすべてが売れるわけではありません。
とても良いものなのに、たまたま出会いが無く、残ってしまうものがあります。
そんな時は決算市や春と秋のバーゲンで安く出します。

バーゲンは品物の値打ちを見直していただくための新しい出会いの場なのです。

ゑり華は今後も優秀なメーカー・産地・作家さんの商品を、出来るだけたくさん買います。
それは貴方様にとって良いだけではなく、そこで働く人を応援し、元気を分けてあげることになるからです。
そうして業界全体が元気になって欲しい。それがゑり華の願いです。

青山 ゑり華 代表 花岡 隆三