着られる教室 修了式でした

1月後半からスタートした「着られる教室」

毎週日曜朝10時45分から店内奥のスペースで、スタッフ半澤が講師となって全12回のレッスンがありました。

今回の生徒さんは2名。

2人とも初回から着物で登場「これじゃあ、着れてる教室では。。。」と笑いましたが、話を聞いてみると、

「着るために朝2時間かけました」

「ここがうまく着られなくて」

など、着ているように見えても努力や悩みがあるようでした。

補正、襦袢の着方の基本からスタートして、最後には袋帯まで。

先週無事全行程を終えて、修了式をしました。

saigusasama1 DSCF6286-1

世田谷区 S様

「毎回笑い声の絶えない楽しい時間でした。生徒それぞれが持つ悩み、くせ等にあわせたアドバイスをくださり、今までで1番自分の中にストンと落ちた教室でした♪」

koikesama1 DSCF6292-1

府中市 K様

「本で、だけでなく生きた知識はお店の商品も交えて実に分かりやすく、着物が「着たくなる教室」でした。」

DSCF6293-1

修了式は室長の社長から授与します。

授与といっても修了証です。お免除ではありませんので資格などの効力はありません。

それでも、「こんな風に賞状もらうのなんて何年振りかしら!?」

と喜んでいただいています。やっぱり、努力を認めてもらうのって嬉しいですよね。

hutari1

3ヶ月間お疲れ様でした!

いつも店内奥から楽しそうな声が響いていました。

毎週お会いしていたので寂しくなりそうです。

いつでも遊びにいらしてくださいね!