着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

柄足袋コレクション

こんにちは、柴です。
ゑり華では定期的に柄足袋のオーダー会を開催しています。
毎日着物を着る私達にとって、足袋は消耗品。
白足袋って汚れが凄く目立つので、汚れが目立たない柄足袋は便利アイテム。
一度柄になれちゃうと、白が気恥ずかしくて戻れなくなりますよ。

ある日の半澤さんの足下

淡い色の着物が多い半澤さんは、着物を邪魔しない優しい色合いの足袋が多いです。
こちらは、生地屋さんで見つけてきた生地でオーダーしたもの。

またある日の柴

柄×柄 あまり組み合わせは気にしない♪
夢二デザインの綿の風呂敷からつくりました。

柄足袋受注会は定期的に開催していますので、お客様でも柄足袋ユーザーが多くいらっしゃいます


鳥獣戯画の風呂敷からつくったもの。男女ともに人気なデザインです。


こちらも風呂敷から。大柄な風呂敷だと何の柄か分からない感じになりますが、
意外とそれが合わせやすかったり。

足袋企画の常連さん。生地屋さんに立ち寄ったときに受注会に向けて足袋向きの柄を物色しているそうです。
持ち込み生地の場合は、綿の伸びない生地で50cm×50cmあればお作りできます。(足袋サイズ26cmまで)
※生地の薄さによってはお断りすることもございますのでご了承ください。

2種類の柄で1枚の風呂敷にはいっているので、アシンメトリーになりました。
柄がどう出るかは、職人さん任せ!


皆様がどんな生地でお作りになるか、持ち込み大歓迎!楽しみにしています。

次回の柄足袋受注会は7月2日~を予定しています。
ちなみに前回の受注会の足袋はこんな感じです!

受注会の詳細はこちら
大決算市をご覧くださいませ。
<柴>