着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

【お手入れおすすめ】染めかえ

染め替えをして着物ってよみがえるんですね。派手になったからと、あきらめないでよかった


染め加工内容

地色を抜かない(白にもどさない)方法を選択
(1)薄い地色を全体に引いて柄の色を抑えます
(2)柄をよけて引き染めをします

引き染めと浸し染めの違いはご存知ですか?

引き染め:しんし針で反物をピンっと張らせながら刷毛で染める方法
浸し染め:染液にドボンと浸けて染める方法
引き染は繊細な加減ができるが浸し染めよりお値段がはります

ここが悉皆(しっかい)の技!!

柄よけぼかし(柄をよけて引き染めをすること)
ぼかす範囲と位置を青花の汁であたりをつけ、柄に重なりすぎず寄せすぎ
ず不自然にならないよう、その着物の持ち味を活かしながら染めるところ
と染めないところの指定をします
ぼかし位置に霧を吹いて、毛細管現象を起こしフワッとぼかします

なぜ青花の汁!?豆知識

青花(露草)の汁は描いても水で消える特徴があるため
染織の柄付けの下絵などに使われます

加工価格表

洗い張り 14,300円
染め代  77,000円
胴裏  元のを使用
八掛   11,000円
お仕立代 52,800円

合計155,100円

ご興味のある方は是非お電話ください。

電話番号03-6427-2720
営業時間10:30~19:00/定休日毎週火・水曜日

商品のお問い合わせ(詳細を知りたい/取り置き)お手入れのご相談など、なんでも結構です。
興味を持たれましたら是非ご連絡ください。