着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

着物を通して素敵に年を重ねていくお手伝い – 青山 ゑり華

【羽織の染め替え】気になる地色を好きな色に


クリニックキャンペーンで羽織の染め替えをしたスタッフひなさんにインタビュー

お手入れの工程と共にご紹介します。

相談会の流れ

まずは、その着物についてお話を伺います。
自分で購入したのもの、誰かから譲られたもの、色々な経緯があると思います。
お話を伺うと、どのくらいの時代に仕立てられたものなのかや、着用頻度など、着物の状態と照らし合わせながら知ることが出来ます。

次に、なぜ相談にお持ちになったのか。
地色が気になる、柄の色が気になる、金彩など装飾が気になる、
しみを付けてしまった、黄変が出てしまった、など、どこを中心にお手入れをするか決めます。

ゑり華のお手入れは、直して終わりではありません。
直したものが着られる方法を一緒に考えます。

ひなさんの場合は、お母様から譲り受けたローケツ染めの羽織です。
地色の白が気になっていて、なかなか袖を通せずにいました。
クリニックキャンペーンで橋村さんに相談して、上から紫色をかける無地染めをすることに。

お手入れ工程

まずは洗い張りで着物を反物の状態に戻します。

色をかけたらどんな感じになるのか、生地にフィルムをのせてイメージを共有します。
この色をかけるというものではなく、染め上がりがこんなイメージになるよ、というものです。
着物一枚一枚もとの色が違うので、その着物に合わせた色で職人さんが染めてくださいます。

染め上がり後、ご連絡。仕立て前に一度見て頂きます。
もうひと色濃くすることも可能です。
お似合いになるか、身体にあててみることもできます。

ひな
ひな
フィルムでイメージはついていましたけど、思っていた以上によいです。
柄の残り加減もちょうど良くて嬉しいです!

染め上がりに満足!の次には、羽裏を新しく選ぶ楽しみが待っていました。

羽裏が決まったら、お仕立てに進みます。

ひな
ひな
雰囲気の合うものにしようか、着る度に嬉しくなるものにしようか、迷います。
仕立て上がりが楽しみです

お見積もりは無料です

丁寧なお手入れ、幅広い提案、お直しは経験と実績が大事です。
ゑり華では定期的に京都の悉皆やの橋村さんにご協力いただき、着物のお手入れ相談会を開催しています。

・古い着物を持って行くのが恥ずかしい
・お願いしていいか迷う
・お代がどのくらいかかるのか知りたい
・直す価値のある着物なのかしりたい
・買ったお店がもうなくて、あるいは頂いた着物で、お手入れ先が見つからない

一点ずつのことだけにいろんな疑問があるかと思います。気軽にご相談ください。
また、着物の丸洗い、しみ抜きなどはいつでもお持ち込み可能です。
とくにしみはできるだけ早いほうが落ちやすいので、お早めにお持ちください。

お問い合わせはこちら
電話番号03-6427-2720
営業時間10:30~19:00/定休日毎週火・水曜日

興味を持たれましたら是非ご連絡ください。

その他のお手入れはこちら▽
色無地の染め替え
付下げの染め替え
名古屋帯の染め替え
着物→帯へリメイク